>

こまめに検診を受ける

歯医者に行く頻度

定期検診は、1か月に1回は訪れてください。
頻繁に通うことで、口内に少しでも異変が起こっていた時に医師が発見してくれます。
虫歯になっていた場合でも、すぐに治療すれば悪化することはありません。
また、痛みの少ない治療になる面もメリットです。
虫歯が悪化してから見つかると、かなり大掛かりな治療になってしまいます。

すると治療中に痛みを感じますし、治療期間が長くなります。
さらに費用も高額になるので、メリットがありません。
早く治療を終わらせられるよう、定期検診のペースを守ってください。
こまめに行くので、通いやすい歯医者を見つけることがポイントです。
自宅や職場に近い歯医者が良いので、周辺に評判の良い歯医者がないか探しましょう。

歯垢や歯石を除去しよう

口内に病気がないかチェックすることの他に、歯垢や歯石を取ってもらうことができます。
食べカスが口内に溜まると、次第に歯垢や歯石になると思ってください。
そしてそれらは歯にこびりついているので、普段の歯磨きで落とすことができません。
歯医者にある、専門的な機械を使って除去していきます。

うまく歯を磨いているつもりでも、歯垢や歯石が溜まっているかもしれません。
その時は、普段の歯磨きに問題があると判断できます。
正しい歯磨きの方法を医師から聞いて、これから実践してください。
また歯医者では、フッ素を直接歯に塗ってもらうことができます。
フッ素が含まれている歯磨きで磨く時よりも大きな効果を得られるので、ぜひ行ってください。