>

時間を掛けて歯磨きを行う

磨き方を改めよう

20分ほどの時間を掛けて、丁寧に磨くのが正しい方法だと言われていますが、その間は歯磨きに集中してください。
テレビを見たり、スマートフォンを操作したりしながらでは歯磨きが疎かになってしまいます。
1本ずつ丁寧に磨くことを意識すると、奥歯や歯の裏側、歯と歯茎の間も綺麗に汚れを落とせます。
歯ブラシを縦に持つと、1本ずつ磨きやすいです。

さらに歯磨きでは、力を入れないでください。
歯磨きをしている時に歯茎から血が出る人は、力を入れすぎていると判断できます。
もっと弱い力で良いので、優しく磨きましょう。
歯磨き粉は、少量で構いません。
研磨剤が含まれている歯磨き粉が多く、それをたくさん使うと歯の表面が削られてしまいます。

歯磨きの後は何も食べない

食事の後が最も口内に汚れが溜まっているので、すぐ歯を磨いてください。
朝食や夕食の後は家にいるので、歯を磨けると思います。
しかし昼食は職場など外で食べている人が多く、歯磨きができないかもしれません。
そのような人は、コンパクトな歯磨きセットを用意してください。
それがあれば洗面所やトイレに行って、歯を磨けます。

どうしても磨けない時は、口をゆすぐだけでも良いので行いましょう。
また歯を磨いた後は、何も食べないでください。
水分補給は、水や糖分が含まれていないお茶やコーヒーがおすすめです。
ジュースやお菓子などを食べると、口内に汚れが溜まるので歯を磨いた意味がありません。
間食するなら、その後にもしっかり歯を磨きましょう。