>

正しい歯磨きの方法

歯や歯茎を傷つけないこと

歯ブラシを選択する際は、口内を傷つけないことを優先的に考えてください。
歯ブラシのパッケージを見ると、柔らかい、普通、固いと書かれていることに気づくと思います。
虫歯を予防するためには、柔らかい歯ブラシを使ってください。
固い歯ブラシでは、歯や歯茎を傷つける可能性があります。

傷口からバイ菌が入ると、そのまま虫歯や歯周病になるので気を付けましょう。
そして歯ブラシは、こまめに買い替えてください。
何か月も同じ歯ブラシを使い続けていると、衛生状態が悪くなります。
目に見えなくてもバイ菌が溜まっているので、1か月に1回のペースで買い替えましょう。
1か月が経過していなくても、毛先が広がってきたら交換するタイミングです。

フッ素で歯をコーティングしよう

歯磨き粉は知覚過敏を解消したり、ホワイトニング効果を生み出したりするなど種類が豊富です。
虫歯や歯周病を予防するために歯磨きを行っているなら、それに効果を発揮できる歯磨き粉を選んでください。
そこで、フッ素という成分に注目しましょう。
フッ素がたくさん含まれている歯磨き粉を使うと、歯をコーティングできます。

汚れやバイ菌が付きにくくなるので、口内がいつも清潔な状態になるでしょう。
歯ブラシだけで足りないと思ったら、歯間ブラシやマウスウォッシュで仕上げをしてください。
マウスウォッシュも歯磨き粉と同じように、フッ素が含まれるものがおすすめです。
歯ブラシで歯を磨いた後に歯間ブラシを使い、最後にマウスウォッシュという流れになります。