歯磨きにおすすめのアイテムとは

病気にならないようにするためには、歯磨きの方法が重要です。
まずは、歯ブラシと歯磨き粉の選び方を知ってください。
歯ブラシは口内に余計なダメージを与えないように、柔らかいものを選びましょう。
病気を予防するなら、歯磨き粉はフッ素が含まれているものがおすすめです。
フッ素で歯をコーティングすると、汚れやバイ菌が付着することを防げます。
さらに歯間ブラシや、マウスウォッシュを使って仕上げをしても良いですね。

次は、磨き方です。
歯を1本ずつ、丁寧に磨くことを心がけてください。
大雑把に歯ブラシを動かすと、細かい部分の汚れを落とせません。
時間を掛けて、丁寧に磨いてください。
また歯磨きの時に、余計な力を入れる必要はありません。
軽い力で擦るだけでも、汚れを落とせます。
そして歯磨きは毎食後に必ず行うことで、病気の予防効果を発揮できます。
昼食の後も磨けるように、コンパクトな歯磨きセットを持ち歩いてください。

定期的に歯医者に行って、検診を受けることも予防歯科に繋がります。
その時に口内をチェックしてもらえますし、もし病気があったらすぐ治療に進めるので、悪化することを避けられます。
初期症状であれば、痛みが少ない治療になるので安心してください。
歯にこびりついた歯垢や歯石は、歯ブラシでは落とせません。
そこで検診の時に、専用の機械を使って落としてもらってください。
歯垢や歯石が歯に残ったままだと、それらをエサに虫歯菌が繁殖します。

正しい歯磨きの方法

これまでは、適当に歯ブラシや歯磨きを選んでいた人がいると思います。 しかし正しく選ばないと、歯磨きの効果が半減してしまうので注意してください。 口内の汚れを落として清潔な状態にするために、柔らかい歯ブラシを使って、フッ素が含まれる歯磨き粉を選択してください。

時間を掛けて歯磨きを行う

短時間で歯磨きを終わらせている人は、間違っています。 本来は20分ぐらいの時間を掛けて、丁寧に磨くものだと理解してください。 余計な力を加えず、軽い力で磨くと歯や歯茎を傷つけることなく口内を綺麗にできます。 口内環境を維持するため、食後は必ず磨きましょう。

こまめに検診を受ける

自分では予防歯科を行っているつもりでも、実はうまくできていないかもしれません。 そこで、検診に行ってください。 歯医者で医師に口内をチェックしてもらうことで、自分がうまく予防歯科ができているのか確かめてもらえます。 1か月に、1回のペースで訪れましょう。